楽しい旅行計画

楽しい旅行計画ク

旅行の旅費はどれくらい?

旅行。
温泉旅行。
聞くだけでワクワクします。
テレビの旅行番組を思い出しますよね。
そんな旅行の費用は工夫次第で安くすることが可能です。
まず最初に、何処に行くかを決定しますが、有名なところよりも若干マイナーな場所の方が安いことがあります。

しかし、あまりマイナーな場所は逆に高い場合もあります。
つまり、需要と供給です。
お客が極端に少ないと単価がアップするからです。
そこそこ賑わっている場所が穴場です。
また、バスツアーがあるところも低料金で旅費を抑えることができます。
もし、自家用車で行く場合には、時期によって随分と料金が変動します。
特に、年末年始・ゴールデンウィーク・夏休み・秋の紅葉の時期を外せば、意外と低料金で宿泊できることがあります。
美味しい魚介類を食べたい場合には、2月の日本海の旅館ですと食事が豪華にもかかわらず意外と低料金で楽しむことが可能です。

また、4月や11月辺りは閑散期なので、かなり旅費を抑えることができます。
どこのホテル・旅館でもかなり低料金で楽しむことができます。
閑散期は、全国共通でないことも知っておくと便利です。
地域によって、忙しい時期と暇な時期は違うので、その特性を調査することでお徳な旅が楽しめます。

旅行の旅費の倹約方法

旅行は楽しく何度でも行きたくなるものです。
しかし、旅費のことを考えると、何度もいくことは難しくなります。
そこで、経費削減方法です。
旅行でもっとも費用負担が大きいのはホテルや旅館の宿泊料金になります。
宿泊しないわけにはいきません。
しかし、ビジネスホテルを利用することで、かなりの費用を軽減することが可能です。
この場合、完全に観光地の場合には少し難しいものがあります。
完全に観光地の場合は、ビジネスホテルがないからです。
ですから、観光地でもあり、ある程度産業もあるような地域ですと、ほとんどの場合ビジネスホテルがあります。

そのような観光地では、ビジネスホテルを利用することで旅費の削減が可能です。
ビジネスホテルの場合、夕食がないのがほとんどです。
また、サービスといっても特に独断挙げるものもありません。
しかし、安さの点では、抜群です。
夕食がない分、その浮いた費用で現地の美味しい食事もいただけます。
少しばかり、面倒はあります。
しかし、少しの面倒を面倒と思わず、これも旅の良さと考えることで旅費を大きく削減できます。
面倒な旅行ほど記憶に残るものです。
苦労した時ほど、充実感を味わうことができます。
ちょとした、意識の改変で違った旅を味わうのも良いものです。

check

コーチングの研修を発注する
http://www.coaching-syst.co.jp/

2017/1/5 更新

Copyright